スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都城でも口蹄疫の疑い…畜産王国にショック(読売新聞)

 農林水産省は9日、宮崎県都城市の畜産農家で、家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」の疑いのある牛3頭が見つかったとして、同じ牛舎の計9頭を殺処分すると発表した。

 同市で見つかるのは初めて。同市は全国屈指の生産額を誇る「畜産王国」とされ、関係者は大きなショックを受けている。また、同市に隣接する鹿児島県でも感染が飛び火することを恐れ、警戒を強めている。

 同省によると、見つかったのは同市高崎町の牛農家。写真で確認したところ、3頭によだれや舌のただれなど口蹄疫特有の症状があった。このため、口蹄疫の疑いがあるとして、同じ牛舎内の9頭の殺処分に踏み切る。

 この農場では250頭の牛を飼育しており、農林水産省では10日朝にも出る予定の遺伝子検査の結果を待ち、陽性であればただちに全頭を殺処分するとともに、発生農場の半径10キロ圏を家畜の移動制限区域に、同10~20キロ圏を搬出制限区域に指定する方針。

 同省によると、今回の口蹄疫で、川南町周辺の半径10キロ圏を除いて、写真だけで口蹄疫だと判断するのは初めて。

 都城市は2006年の肉の生産額は牛151億円、豚225億円でいずれも市町村別で全国トップの畜産地。市畜産課によると、市内では昨年2月現在、延べ2463戸が牛7万6585頭、豚39万8804頭を生産、肥育している。

 これまで口蹄疫の被害の中心地で県内有数の畜産密集地とされた川南(かわみなみ)町でも飼育頭数は豚約14万5000頭、牛1万5000頭に過ぎず、飼育頭数は同市の半分にも満たない。

 山田農相は9日夜、同省内で「明日1日かけてでも全部殺処分して埋めてくれと指示した」と述べた。口蹄疫を巡っては、4月20日に宮崎県都農町で最初の感染例が確認された後、爆発的に拡大していた。

東松山市職員のぞき…女子短大生追跡、逮捕(読売新聞)
<映像有料配信>「無料」強調の勧誘めぐり契約トラブル急増(毎日新聞)
岳父の「上野」に改姓、「みんな」の比例候補に(読売新聞)
超党派で「財政健全化検討会議」…首相所信表明(読売新聞)
【視点】新型インフル 国と自治体連携 備え再構築急げ(産経新聞)
スポンサーサイト

小樽の商店街を馬が暴走、接触事故で女性けが(読売新聞)

 31日午前11時35分頃、北海道小樽市堺町の路上を馬が走っているのを通行人が見つけ、110番した。

 観光用馬車を引く馬とみられ、駅前の商店街を走り回り、通行人にぶつかるなどして“逃走”。約15分後、JR小樽駅近くで、道警小樽署員らに確保された。馬と接触した女性1人が負傷し、救急車で病院に搬送された。

 馬を目撃したタクシー運転手(57)は「客待ち中に『パカパカパカ』という音がして、振り向いたら脚から血を流した馬がスピードを出して走っていた。近くの商店街の中に入っていったので、驚いた」と話していた。

 現場は、JR小樽駅前から小樽港にかけての観光エリア。当時、観光客らが多数おり、付近は一時騒然とした。

電柱衝突、警官重傷=車急発進の男逮捕―大阪府警(時事通信)
首相は沖縄県民におわびを=前原担当相(時事通信)
女性と接触、一時運転見合わせ=山陽新幹線、新尾道駅で(時事通信)
小沢幹事長 郵政法案「全力で今国会中に成立期す」(毎日新聞)
<PCI特別背任>元社長の無罪確定 検察側上告せず(毎日新聞)

黄色ブドウ球菌退治に期待=別種細菌の酵素―慈恵会医大(時事通信)

 ヒトの鼻腔(びくう)に多く、けがや病気で弱ったときに肺炎や敗血症などを引き起こす「黄色ブドウ球菌」は、同じ鼻腔内に生息する「表皮ブドウ球菌」が生み出すたんぱく質分解酵素によって排除されやすくなることが分かった。東京慈恵会医科大の岩瀬忠行助教らが20日付の英科学誌ネイチャーに発表した。この仕組みを応用し、新薬を開発できる可能性があるという。
 黄色ブドウ球菌は、抗生物質が効かなくなる「MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)」や「バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌(VRSA)」が知られ、院内感染が問題となっている。
 しかし、表皮ブドウ球菌が生み出すたんぱく質分解酵素「セリンプロテアーゼ」は、黄色ブドウ球菌が自らを守る分泌物のバリアーを壊し、ヒトの抗菌ペプチド(たんぱく質の部品)が退治しやすくする。抗生物質が効かない黄色ブドウ球菌にも効果があると考えられる。 

【関連ニュース】
卵子のもと、高率で活性化=不妊治療に応用期待
脳細胞死滅を抑える酵素判明=神経疾患治療に期待
ALSの原因遺伝子を発見=共通メカニズム解明の可能性
特定の遺伝子群が働かず=全身に変わる能力に影響
新たなヒト幹細胞開発=神経、筋肉、肝臓に変化

【集う】「寺島しのぶさんの銀熊賞を祝う会」(産経新聞)
小沢氏、参院選へ支持要請=郵政法案成立を約束、局長総会出席(時事通信)
民放教育番組事業など「廃止」=公益法人仕分け1日目―刷新会議(時事通信)
<遺棄毒ガス訴訟>中国人遺族らの賠償請求棄却 東京地裁(毎日新聞)
国の不作為責任認める=アスベスト健康被害で初―大阪・泉南地域の29人勝訴・地裁(時事通信)

京都で三船祭 船上の舞や雅楽に5万人酔いしれる(産経新聞)

 平安時代の貴族の船遊びを再現した車折(くるまざき)神社(京都市右京区)の「三船祭」が16日、嵐山の渡月橋上流の大堰川(おおいがわ)で催された。新緑の嵐山をバックに、川面に浮かんだ約20隻の船上で舞や雅楽などが披露され、約5万人の観光客らが優雅な風情に酔いしれた。

 三船祭は、平安時代の昌泰元年(898年)に宇多上皇が嵐山で船遊びをした故事にちなみ、昭和3年に始まった祭礼。

 この日午後2時ごろから、宮司らが乗った御座船などが約2時間かけて大堰川をゆっくり回遊。船上では雅楽や長唄が演奏されたほか、着物姿の女性らが数百本の扇を川に流す「扇流し」も披露された。

 川岸から見学していた同市西京区の主婦、山添節子さん(70)は「新緑を背景に堂々と進む船に胸が高鳴った。また見に来たい」と話した。

【関連記事】
なりきり土方歳三が競演 五稜郭祭でコンテスト
東京・浅草で三社祭 みこし100基練り歩く
女子高生ら早乙女装束で「御田植祭」 豊作願う笠間稲荷神社の伝統行事 茨城
にぎわう平城遷都1300年祭、来場者は予想の1.5倍
御柱祭の柱から落下し2人死亡、2人けが
少子化を止めろ!

医療従事者にも十分な普及啓発を―臓器移植・普及啓発作業班(医療介護CBニュース)
勤務中、職員全面禁煙…違反は文書注意検討(読売新聞)
「九州持ち回り訓練」提案 首相、5月末決着断念明言(産経新聞)
「普段の下痢」…宮崎県が口蹄疫発生見逃し(読売新聞)
<もんじゅ>試運転で酸素濃度計が不調 故障の可能性(毎日新聞)

<掘り出しニュース>札幌で民家半焼 飼い主起こし、愛犬焼け死ぬ(毎日新聞)

 【北海道】9日午前2時ごろ、札幌市西区八軒9西2の無職、山本キヨさん(88)方から出火。木造2階建て住宅を半焼した。札幌西署によると、山本さんは娘(60)と2人暮らし。出火当時は就寝中だったが、娘が室内で飼っていた犬のミニチュアダックスフントの鳴き声で目を覚まし、山本さんを起こして逃げたという。2人にけがはなかったが、犬は火に巻き込まれ助からなかった。

【関連ニュース】
火災:日本獣医生命科学大の一部焼く 漏電の可能性
火災:温泉宿泊施設から出火、1200人一時避難 静岡
火災:老夫婦宅が全焼、2遺体見つかる…大阪・門真
火災:長野・安曇野の3遺体 住宅の1遺体は48歳長男
火災:道の駅土産物店内部焼ける けが人なし 北海道

政府、B型肝炎訴訟で和解協議へ(読売新聞)
「妊娠と薬情報センター」回答件数が1千件を突破(医療介護CBニュース)
普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調(産経新聞)
車内で見つかった乳児遺体、外因死の疑い(産経新聞)
職員配置見直しを=在外公館業務で勧告-総務省(時事通信)
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:あいはらくにお
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。